劇団演研 第73回公演 演研・茶館工房10周年記念公演

「隣にいても一人」
 作:平田オリザ 演出:富永浩至

出演 清水匠、金田恵美、富永浩至、坪井志展


 朝起きると何故か夫婦となっていた昇平とすみえ。
離婚の危機にある彼らのそれぞれの兄と姉夫婦。
二組のカップルを通じて、夫婦とは何かを問いかける
平田オリザ流不条理劇。

2000年に「演研芝居小屋」で初演、
2002年、「道東小劇場演劇祭in帯広」で再演、
2003年「道東小劇場演劇祭in釧路」、そして「道東小劇場演劇祭inアゴラ」で東京公演、
2007年「演研・茶館工房こけら落し公演」
2008年 「青年団プロジェクト公演」に参加、2度目の東京公演、
2010年劇団創立35周年記念、劇団動物園との合同公演
そして、2017年・・・

と き
2017年
6月3日(土)
開演午後8時   4日(日)
開演午後2時
開演午後5時
10日(土)
開演午後5時 開演午後8時

11日(日)

開演午後2時
 

※受付は開演の30分前に開始、開場は20分前です。

ところ
演研・茶館工房(帯広市大通南6丁目14ー1)
入場料

一般前売・予約 1,500円  当日 1,800円  高校生以下 500円(劇団扱いのみ)

 

チケットの予約はこちらからどうぞ。>http://enken.gotohp.jp/ticket/form.cgi
前売券は市内プレイガイド(文化ホール・チケットらいぶ、藤丸・勝毎サロン)、フローモーション、ミントカフェで取り扱っています。

問い合わせ
劇団演研(電話080-3266-0279)
後援
帯広市教育委員会、十勝毎日新聞社

※各ステージとも限定40席のみになっております。

※ミントカフェ共同企画
 公演当日、一般券をお持ちの方はミントカフェでの御飲食が200円引きになります。
 チケット一枚につき一回のご利用、クーポンとの併用は出来ません。

 


上演にあたって

富永浩至 

 今や日本のみならず世界で活躍する平田オリザさん。その平田さんに、劇団創立25周年にあたって書き下ろしていただいたのがこの「隣にいても一人」です。再演を重ね我が劇団の財産演目にしようと2年目の稽古に入った矢先に、兄役の佐久間孝を交通事故で亡くしてしまいました。
 折角書き下ろしていただいた作品をこのままにしておけないと、これまで青年団の大塚洋さん、龍昇企画の龍昇さんといった東京で活躍している方々を客演に迎え、再演を重ねて来ました。また、劇団創立35周年には北見の劇団動物園との合同公演の演目ともなりました。常に外からの力を借りなければならなかった作品でしたが、一昨年、男性団員が入団したお陰で、ようやく演研メンバーだけでの上演が可能になりました。
 今回、弟役と妹役が新たに加わったメンバーです。稽古の度に新鮮な感覚を覚え、また今までとは一味違った作品になる予感で一杯です。
 今回で6度目の上演になりますが、どうぞ皆様工房へ足をお運びください。団員一同心よりお待ちしています。

 

 

 

  ● 表紙に戻る